光目覚まし時計エナジーライトintiは朝なかなか起きられない人の味方です

私が会社に勤務していた頃は、毎日2つの目覚まし時計をセットして寝ていました。1つではなかなか起きられないという理由もありましたが、万が一電池が切れてしまった場合や、少なくなってきた時に実際の予定時刻に目覚まし時計が鳴らないと困るからです。当時から目覚まし時計を使わずに、携帯電話の目覚ましアラーム機能を使っている人もいました。しかし、携帯電話も充電をきちんとやっていなくて、朝アラームが鳴らなくて寝坊してしまったということがありました。

朝起き無ければいけない時間にきちんと起きるためには、やはり光目覚まし時計は欠かせないものです。これは最近寝具メーカーが開発した光で目を覚ますという
光目覚まし時計 intiと呼ばれる商品です。

特に朝が苦手な人や、なかなか目が覚めない人は1つではなく、複数の目覚まし時計が必要です。さらに効果的な方法が、光目覚まし時計を寝ている場所から少し離すようにすると良いようです。目覚まし時計が鳴っても、それを止めるために、わざわざ布団から出なければいけないような状況にしておきます。そうすることで強制的に決まった時間に布団から起き上がって歩かなければならないので、その間に目が覚めるのだそうです。

本当は無理に起きるのではなく、できれば目覚まし時計が鳴る前に自然に目が覚めるのが理想です。しかし、疲労の状態は日によって違いますし、毎朝必ず同じ時間に起きないといけないならば、やはり目覚まし時計に頼るのが一番効果的だと思います。私は今も光目覚まし時計に頼っています。問題は光を消して二度寝をしてしまうことです。これを改善していくのが今後の課題です。光が強いので起きれるのはお起きれますが、それを避けようと布団にくるまってしまうと危険です。